PROFILE
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

ひきこもり→アフィリエイト屋→投資家

「株ではなく会社に投資」をモットーにのんびりのんびり長期投資。
GMOペパボに投資し続けています(勢い余って大株主になりました)
minneで注目集める GMOペパボ株主総会(2015)
今年のGMOペパボ株主総会の会場はセルリアンタワーの地下二階ボールルーム。
参加株主は120人くらい。女性の姿が少し増えたかなと言う印象。
minneの人気で来年はもっと女性株主さんが増えるかもしれません。

先日の決算発表の時点でminneに積極投資をするため今期の利益0予想をしていたので、今年は株主の中でも少し意見の割れそうな緊張感のある総会も考えられなくもなかったけど、終止穏やかな雰囲気でした。直近の株価が急騰していたのもあるのでしょうね。


TVCMにも登場したminneの作品が会場入り口に展示されていました。


僕は相変わらずな感じで総会に参加。
ペパボ株主なのか、ペパボの追っかけなのか…。

会場入り口でロリポおじさん見つけて

すかさず記念撮影。


株主総会後、取締役陣と記念撮影。

でも今年は違います。ただのミーハーではないのです。
何たってペパボのみなさんの気合いが違いますから(会場の空気がminne一色)、
僕もペパボの近況、今後の展開を真剣に聞いて参りました。


株主総会と近況報告会での気になった質疑応答。

株式分割は考えているのか?と言う質問。
個人投資家が手に入れづらい株価になってきていることは課題として認識している。タイミングを見て、株式分割もあり得る。業績がある程度よくなった段階で行うのがよいのではないかと考えているとの回答。
株価も7,000円超えてきました。1単元でも70万円ですからね。

昨年も質問に上がってたYahoo!の無料化の影響については、
結論から言うと全く影響がなかったとのこと。どうやら属性が違うようで顧客の奪い合いにはならなかったようです。カラーミーショップは伸びているという回答。
総会後にも役員さんにお話を聞いた所によると、他の大手が伸び悩んでる中カラーミーは、特に既存のショップオーナーの顧客満足度を上げること(売れるショップにすること)に力を入れてそれが功を奏しているようです。今年はどうしても積極投資をするminneに注目が集まりがちですが、minne以外のECも伸びてきているとのこと。

5年後のビジョンについて
役員たちで考え合ってきた。
まずは売り上げ規模を上げること。
そして利益を増やす。そして時価総額を上げる。いずれは東証1部へ鞍替えと。
いずれにしてもまずは売り上げ規模の拡大。

社長のメディアへの露出について
もっと出た方が良いんじゃないかって質問に対して、
社長個人としての露出よりも、サービスに対しての露出を増やしていきたいと。

スタートアップは露出が高く話題に挙がりやすいので、すぐに資金調達してスケールアップしていくのに対して、上場してるしお金もあるけどペパボの立ち位置がどうしても注目されにくく、自分たちでいいものを作っていると言う自負があってもそれだけでは足りないって感じる部分があった。それが今期は、大胆な積極投資による利益0予想、minneのTVCMもあって多くのメディアに取り上げてもらっている。minneのcmで風が変わった。流れが変わった。


近況報告会では特にminneに話題は集中。
この積極投資でライバルに圧倒的な差をつけると。

株主総会前日に作家数10万人、作品数100万点突破したことが発表されました。
グイグイきてます。

minneだけでなくハンドメイド市場そのものが拡大していて、ハンドメイドの市場は主要4サービス(minne、Creema、tetote、iichi)の作品数合計で見ると、

2012年     6万点
2013年   33万点
2014年 170万点
2015年 248万点

2015年はまだ3ヵ月経ってないから凄い伸びをしてます。


注目のminneのアプリも100万DL突破。
TVCMの効果で2月に入ってアプリからの流入が大幅に増加してるようです。

CMは今後も何本か打っていくそうです。
それに関して言えば、当然TVCMは億単位の費用なので四半期ごとの決算では振れ幅が出てくるので、通期で見て頂きたいとのこと
ま、それは投資家のみんな分かっていることだとは思います。

あと、これは僕がした質問で
アプリ500万ダウンロードの目標はハードルが高すぎるんじゃないか?」って。
確かに高い目標ではあるけど実現不可能ではないので頑張りますとの回答。
正直僕はかなり難しいんじゃないかなと思ってたんですけど、総会後に記念撮影しながら社長にまたその話してよく話を聞いてると、案外いけるのかしらという気もしてきました。
わからんけど。



株主総会のあった同日、GMOペパボでは初めての執行役員CTOが誕生しました。

企画やアイデアを出す側がこういうサービスをやりたい、ここを改善したいと言っても技術的に追いつかなければ、なかなか思い通りにいかないわけで、そういう意味で企画やアイデアを出す側の要求に応えれる高い技術力を持つエンジニアがいる会社であることが重要なわけであります。

数年前に読んだこの本にもろに影響を受けました。


プログラマの打ち込む一文字一文字が世界を裕福にする
この本読んでからエンジニアって凄いなと。

奥様の味方クックパッドも奥様は料理レシピ見てるだけだけど、実はIT業界トップのエンジニアが最先端の技術であのサービスを支えています。

ちょうどこの本を読んでた頃。
ペパボがエンジニアの給与体系を見直しというか、なんて言うんでしょ、僕はあまり詳しく分からないけど、要は優秀なエンジニアさんを高く評価していきますよって感じに変わったんです。それから少しずつ業界で有名な方がペパボに転職してくるようになりました。ペパボに少しずつ優秀な方々が集まってきている印象です。

決算の数字では現れにくいことですが、
ここ数年ペパボの技術力は確実に向上しているように思います。


「エンジニアとして最も格好悪いのは、技術的な制約のせいで新たなビジネス展開を阻害してしまうこと。逆に最も格好いいのは、『技術は用意したから、どんな話でも持ってきてくれていいよ。それで儲けてくれよ』と言えることです」(栗林氏)

この感じいいっ!て思いました。
「もっとおもしろくできる」っておもしろさばかり目がいきがちなペパボだけど、そのサービスを支えるエンジニアが超凄いってのはクールだなって。

そして今回のCTO誕生。


そんなわけで今年はCTOのあんちぽさんとツーショット。


毎年、ペパボの方々には感謝しております。
ケンタロウさんや星さんだけでなく
たくさんのペパボの方にお声掛けて頂き、嬉しい限りです。

昨年はお話しできなかったケンゴさんとも今年は同じ株主という立場でお話しさせて頂きました。ありがとうございます。



GMOペパボ株主6年目です。

小難しい話は苦手です。頭悪いので。
ただ投資をもっと身近なものとする世の中になればいいのにと思ってます。

上場してる会社の決算をくまなく見て、自分の全知全能を掛けて投資するのも株式投資なら、
「晩御飯はいつもクックパッド見て考えるの。便利だわ」ってファンになってクックパッド株を買ったり、「minne って一日中見てても飽きない!」ってminne のファンになってペパボ株を買ったりする。それもまた株式投資。

「商品やサービスが好きだから」の延長にある投資で、何年後かに株価が何倍にもなっていた。なんて話が好きなんです。


| GMOペパボ | 09:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
株主総会へ行こう! GMOペパボ株主総会(2014)
今年のペパボの株主総会の会場は、GMOグループの社員食堂がある「GMO Yours」です。



いつもはセルリアンのホテルの会場の使っていたのですが、今回はより会社の様子を株主に知ってもらおうと「GMO Yours」で株主総会を行うことになったそうです。前日に社長はじめ社員のみなさんが遅くまで会場の準備をされたそうです。

(くっきーさんと記念撮影)

(一応、顔をハメてみる)

(お約束通り、反対側から顔を出してくれたまなみちゃん)

しかも当日、株主総会に参加された方はお気付きでしたか?
いつもなら受付以外はホテルの方が会場の案内をされたりしていたのですが今回は会場の案内もペパボの社員さんがされていました。セルリアンのエレベーターの案内もペパボの社員さんです。


今回の株主総会は例年よりも注目議案が多かったです。
まず何より社名の変更です!
paperboy&co.からGMOペパボに変わります。
もちろん社長の決断ですが、社員の反応は凄く気になるところでした。
しかし社名変更は成長の弱さと保守的になりつつある現状から脱するための決意表明と捉え、前向きに受け入れられているようです。一般より一足早く新しいロゴも株主総会の席で発表されました。


そして、社名変更と同じくらい驚いたのが取締役の進さんと健吾さんの退任です。10年という節目で若い人たちに道を譲るということなんでしょうか。
予定にはなかったのですがケンタロ社長の計らいで退任の挨拶をとマイクを渡されてました。
辞めてもGMOペパボを見守り続けてくれるんだと思います。来年は株主として会場でお会いできるのでしょうか。

新しい役員に3名が選出され、いつも株主総会に行ったら一緒に写真撮ってもらってた星さんが取締役に就任されました。



株主総会後、休憩を挟んで近況報告会も行われました。
近況報告では総会の質疑応答よりさらに踏み込んだGMOペパボの個々のサービスについて質疑応答が多かったので興味深かったです。

電子書籍のパブーのサービスが停滞しているように見えるがどうするのか?という質問。
電子書籍の大きな波も来ていないし競合もAmzonやGoogleなど大き過ぎる相手なので、あまり力を入れていけないという現実的なお話。

セキュリティに関しては、昨年ハッカーに大規模攻撃を受けるという事件が起きたこともありセキュリティ対策のチームを立ち上げたとのこと。社内だけでなく外部の専門家とも連携して素早い対応ができるようになりました。

もっとも関心のあった話題は何と言ってもYahoo!の無料革命など昨年から大きな流れとなっているECの無料化による影響です。
GMOペパボの提供するカラーミーショップ も実際、影響はあり、離れていくユーザーもいました。
しかし、その流れも今は少し落ち着きつつあるようです。無料でネットショップが作れるのは魅力ではあるのでしょうが、ネットショップが作れるのとネットショップでものが売れるのはまた別のことです売れないネットショップはいくら無料で作っても継続していくのは難しいのではないでしょうか。大切なのは売れるショップを作ること、売れるものを作ることです。GMOペパボは売れるネットショップを作るサポートに力を入れていくんだと思います。そのための新しいサービスも近く始まるようです。

今ペパボが力を入れているEC事業では、カラーミーショップ だけでなくCtoCサービスのハンドメイドのminne やフリマアプリのkitecoなども育てていくため先行投資をしているところです。

今までもそんなに安くて儲かるのかと思われていたサービスでもロリポップ! カラーミーショップ と業界トップにまで成果を上げている。今はまだ苗の段階のサービスも大きく実を結ぶよう育てていく。という社長の話を聞いて、ゆるふわでどこか草食系なイメージのあるペパボですが、実は底力、地力のある会社なんだなと感じました。
後発ながらもハンドメイドサービスのminne も先日ついに登録作家数No.1になりましたしね。



ところで、みなさんもぜひ株主総会に行ってみましょう。
何も総会まで行かなくても決算書見ていれば十分投資できるじゃないか、とか言わずに。

決算書の最終行、当期純利益は一年の経営の結果です。
それだけを見れば一年間の利益を表すただの数字にすぎませんが、それは会社に携わる人たちの活動の結果です。

会社は人が経営しているのです。
決算書の数字だけしか見ていない、株価だけしか見ていない投資をしているとそういう根本を忘れてしまいがちになります。

株主総会でどんな人がこの会社を経営しているのか知ることは、改めて会社は人であることを感じれる良い機会だと思います。経営陣の生の声や顔の表情は数字だけでは分からないものを感じ取れるかもしれません。人柄とかね。親しげに話しかけるタイプ?威圧的なタイプ?笑いを取るタイプ?カリスマオーラ半端ないタイプ?経営陣の人柄を見るのもひとつの投資スタイルだと思います。

決算の数字は極めて重要ですが投資判断材料の全てではないと思います。
数字だけでは判断できない要素もあると思うのです。


そうそう、会場でロリポおじさんに握手してもらいました。
予想外に手の温もりを感じて驚きました!
(中の人などいないはずなのに・・・)

でもそう言うことだと思います(どういうこと?)
会社の経営も生身の人間がやっているということです。当たり前です。
株価だけに反応する取引は僕はあまり好みません。
投資は会社にする。投資は人にする。これは僕の理想とするところです。

ペパボ株主も5年目です。
それなりに「長期投資やっています」と言える年月になってきたと思います。



(おまけ)
「ログピ飲み会」楽し過ぎました。
ありがとうございました。



| GMOペパボ | 09:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
ペパボから本が出ました!『ペパボの教科書』
『ペパボの教科書』献本ありがとうございます。


5冊も頂きました。

本書にはペパボのサービスを使って活躍されてるクリエイターさんがたくさん紹介されています。創業者の家入一真さんはじめ、増田セバスチャンさん、木村カエラさん、地獄のミサワさんなど。
この本のコンセプトが「ペパボのサービスを使ってるユーザーの声を一冊の本にまとめたい」というものらしく、「誰もが表現できる場所を作る」「表現活動のお手伝いをする」そんなインターネットサービスを10年間続けてきたペパボらしい一冊に仕上がっています。

ホームページを作りたい、写真を見せたい、文章を書きたい、ネットでものを売りたい、
インンターネットで自分から何かを発信するなら、ペパボのサービスがいいよってことですね。


ペパボの教科書
インターネットサービスではじめる、あたらしい自分
 


ロリポップ、ムームードメインを利用し始めたのが2005年から、
ペパボに投資を始めたのが2009年から、
ユーザーとして8年、株主として4年。
結構、長い関わりとなってきております。

今後もペーパーボーイ・アンド・コーを応援し続けたいと思います。


僕も載せて頂きました。
ありがとうございます。

| GMOペパボ | 11:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
ペパボ株主総会に今年も行って参りました(2013)
ありがとうございます。
今年も楽しくぺパボの株主総会に行って参りました。

何なんでしょ?
自分で言うのも何ですけど、いま日本で、僕ほど株主総会に行くのを楽しんでるやついないんじゃないかって言い切れる自信がありますw

ぺパボの人に会えるし、ぺパボ投資家つながりで出来た東京の友だちとも会えるし、
年初めから、もう東京行くのが楽しみでソワソワしてました。


今年の会場はセルリアンタワーの39階です。
見晴らしがいいです。


会場の入り口には採用担当のゆーかさんがいました。
普段、ブログとかでしか見てない人を実際に見るとテンション上がります。

会場では昨年転職されたクロップさんも株主として隣りの席で座ってたので思わず声掛けました。思ったほど黒くなかったよ。

株主総会で印象に残ったのは熊谷会長の55年計画のお話。
あの話されてる時の顔つき、眼差しに自信というか信念というかGMOグループ代表としてインターネット業界を引っ張ってきた人は何か違うなと強く感じました。

そのGMOグループで異色ではあるけど中核になれるくらいぺパボも頑張ってほしいな。

総会終わって、近況報告会までの間、星さんとアタカさんとお話ししました。
ぺパボのアプリも20個突破したけど、僕アンドロイドだからゲーム出来ない!って話とか
インフラエンジニアの方の話とかアタカさんがロシア兵に似ているとか。

(星さんとフュージョン)

この浮かれ具合を見てると、失笑される投資家の方もいるとは思いますが、
会社ってそこで働く人で成り立ってるはずです。
会社に投資するってことは人に投資すること。
何をやっている会社かということも大切ですけど、誰がやってるかってことはもっと大事な気がします。

ぺパボの社長はケンタローさんで、
昨年分社化したブクログの社長はケンゴさんで、
福岡のトップは進さんで、
総会行ったらいつも気さくに話しかけてくれるのが星さんで、
月初ラップとエアードラムはアタカさんで。

自分が心底惚れ込める人たちがいる会社だから投資出来るんだと思います。


(ケンタローさんの3の意味はわかりませんが僕の4はぺパボ株主4年目の4)


(アタカさん、ミンチー、ロースおじさんと)


ぺパボのスタッフも200人を超えました。
twitter、ログピでフォローし切れてない人も多くなりましたが、
それでも大半のぺパボの方はフォローさせてもらってます。

ぺパボの人たちがスノボやらバーベキューやらサッカーやら
みんなが仲良く映ってる写真とか見るといつも羨ましく思っていました。


だからこその、この1枚は僕の宝物。「ぺパボの人に囲まれて」

| GMOペパボ | 12:08 | comments(2) | trackbacks(0) |
ペパボに投資する理由(家入一真氏の『こんな僕でも社長になれた』を読んで)
当時は株で儲けようと言う気もそれほどなく、ただお金を寝かしておくのはもったいないからということで少しずつペパボ株を買い始めました。

ホント、200株とかそんな規模から。1820円くらいから買い始めた気がします。
今から思えば、こんなに株数持つならあの時もっと買っておけばよかったなーと思います。
もっと買い平均値も安くすんでたのに。

ロリポップ! ムームードメイン も2004年頃から利用していたけど、運営会社がペパボだとは全然知りませんでした。

投資をするようになってペパボが運営しているサービスを色々見るようになりました。
JUGEMやブクログを中心に他のサービスにも関心を持つようになりました。

創業者、家入さんの『こんな僕でも社長になれた』を読んでからますますペパボに惹かれるようになりました。自分と同じような引きこもりだったひとがここまでやれるんだと思ったらリスペクトせずにはいれなかったし、共感しまくりでした。

この本は帯付きで今でも本棚の一番上の段に並べてあります。

でも同時に、この人は僕とは違い、もともと才能のある天才タイプなんだとも感じました。
たまたま、引きこもりではあったけども、実力を発揮すれば、これだけのユーザーを抱えるサービスを作れる人なんだと。僕には到底マネできないなと。


この辺りから少しずつ株式投資というより色々な感情的な思い入れが強くなっていきました。僕自身も彼女と別れた頃で、自分の気持ちの向かう先を失ってたのもあったからかも知れません。気が付けば毎月のようにペパボ株を買い増すようになっていました。

出来高も少なく流動性のないペパボ株だったので、自分の買い注文ですぐに値段が上がっちゃうので、ホント小口で少しずつ買ってたと思います。


そんな感じで投資をしていた頃、四季報をたびたび見るようになり、ペパボの大株主欄の10位の方の株数が3000株くらいで、当時の株価だと600万円くらい投資すれば名前が載るんじゃないの?ってことに気付きました。

自分が作った会社でもないし、中で働いてもいないけど、
大株主欄に載る創業者家入一真氏の名前と並んで載るだけでも
自分が少しこのひとに近づけたような気になれるんじゃないか、
昔から一度大株主というものになってみたいという憧れもあったし、

当初の目的とは違うこんな理由も加わってさらにペパボ株を買うのに夢中になっていきました。



そのころから俄然ペパボ株を買うペースが上がりました。


でも次の号の四季報では10位の人の株数が増えてました。
僕の当初の予定金額では掲載されない。かといって10位目前で載らないのも癪に障るし、とさらに買い増ししました。

結局、2010年春号に初めて9位で大株主欄に載りました。
自分の買い平均値も随分高くなったし、株数も6000株になってました。
600万円どころか1500万円近く注ぎ込んでいました。

当時、友達には「へー、四季報って何?」っと残念すぎるリアクションだし、
弟には「アホや、普通そんな金あったら家買うやろ」と失笑されるし。

実際、大株主になっても特典もメリットも何もなく、自慢できることも、誉められることも一切なくて、こんな大金を使った自己満足、あまりにバカバカし過ぎて自分でも笑うしかありませんでした。

それでもやはり、大株主欄の創業者家入一真氏、社長佐藤健太郎氏の名前が並ぶ10人の中に自分の名前があることは、大学を中退して以降、引きこもって、社会との関わりの一切なかった自分にとっては、この世に自分の存在を証明し、自認できるものとしてはあまりに大きな価値がありました。

| GMOペパボ | 10:29 | comments(1) | trackbacks(0) |
/ 1 / 2 / >>