PROFILE
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

ひきこもり→アフィリエイト屋→投資家

「株ではなく会社に投資」をモットーにのんびりのんびり長期投資。
GMOペパボに投資し続けています(勢い余って大株主になりました)
<< 経済を学ぶ「30分で判る経済の仕組み」 | main | サントリー山崎蒸留所があるのは「山崎」じゃなくて「島本」 >>
馬券偽造師


「朝五時半開店の『寿司清』は、市場に仕入れで訪れる魚屋や寿司屋の主人が集まる店で、厳選されたネタと明朗会計は、市場のアンテナショップのような存在だ。この店で飲む夜明けのビールは、馬券造りの疲れでほてった身体に心地よく滲みわたっていく。至福の瞬間である。」

なんなの、犯罪なのにまるで仕事を終えた職人のような充足感。
この爽やかな文章で著者の元馬券偽造師に引き込まれた。



外れ馬券を万馬券に偽造し、換金した額はなんと10年間で10億円!デザイナーとしての己の技術を試すがのごとく、万馬券偽造にのめり込む。インクや透かしなど次々と馬券の改良を重ねる日本中央競馬会に、その職人技で挑戦を続けていく。本人の手記による衝撃のノンフィクション!

券面全部を偽造するのではなく、ある1文字だけを丁寧に削り取り、そして鉛筆の粉を紙の繊維に埋め込んでいくという根気のいる作業を10時間以上とか、まさに職人。犯罪者ではあるがその職人技と職人魂が凄まじい。

長時間の作業を終えた後、築地で寿司を食べて…の記述は仕事を終えた男の休息みたいで(完全に犯罪であることを忘れてる)読んでて笑みがこぼれてしまった。

| おすすめ本 | 19:22 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://katio.net/trackback/95